読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カメラと旅行と山登り

カメラ、登山など趣味のことについて

「世界で一番行きたい国」第1位のラオスに行ってきた!その3~ルアンパバーンpart1~

アラサー社会人が目的もなくラオスを旅した記録の第3弾。

ついに世界遺産の街ルアンパバーンに入ります。

 

ビエンチャンからルアンパバーンへ行く方法は大きく分けて2つあります。

1つめは飛行機、2つめはバスです。

飛行機は約1時間で到着する反面、値段が7000円程度します。バスは10時間程度かかりますが、2500円程度と安価です。そして、もう一つ問題なのがビエンチャンルアンパバーンの深夜バスは山賊に襲われて死傷者が出ているということです。頻度は高くないみたいですが、やや不安があります。

今回は山賊のリスクと時間の有効活用から飛行機で向かいました。

搭乗手続きを済ました後、空港内の食堂で朝食です。

f:id:myinterestsdiary:20161023112934j:plain

カオマンガイ(チキンライス)にしましたが、これが当たり!付け合わせのスープがパクチーが入ってて美味しい!値段も20000キープ(約250円)とお手頃です。

 

 

ルアンパバーンには50分程度で到着。空港から市街へはタクシーで向かいます。20分程度で50000キープ(約600円)です。ホテルに荷物を預け周囲を散策します。

f:id:myinterestsdiary:20161023143006j:plain

 宿の近くにルアンパバーンで最も有名な「ワット・シエントーン」という寺院があるので、立ち寄ってみました。

f:id:myinterestsdiary:20161023144120j:plain

この美しさは素晴らしい!

f:id:myinterestsdiary:20161023144016j:plain

中には仏像がおさめられています。

 

ワット・シエントーン観光後は、ルアンパバーン国立博物館に行く予定でしたが、お昼で閉まっていたので、近くのレストランで昼食にします。

行ったのは、「メコンフィッシュ」というメコン川沿いのカフェで、ここのフィッシュバーガーがおいしいと評判みたいです。

f:id:myinterestsdiary:20161023145210j:plain

これがフィッシュバーガー。瓶のペプシ付きで30000キープ(約360円)。ラオスはご飯の値段が安くて助かります。

フィッシュバーガーの魚はメコン川で獲れるナマズなのですが、臭みも全くなく身もふわふわで、とても美味しかったです。

お昼を食べた後は、ルアンパバーン国立博物館に向かいます。

 

f:id:myinterestsdiary:20161023150058j:plain

f:id:myinterestsdiary:20161023150332j:plain

ルアンパバーンの街並み。

 

f:id:myinterestsdiary:20161023150551j:plain

f:id:myinterestsdiary:20161023150652j:plain

現地の人が行き交うマーケット。

 

入場料30000キープ(約360円)を払って入ると、すぐ右手にパバーン像安置祠があります。

f:id:myinterestsdiary:20161023150919j:plain

f:id:myinterestsdiary:20161023151623j:plain

この角度が好きです。

博物館には各国から寄贈された記念品が多数展示されていて、面白かったです。博物館内部は写真撮影禁止で、鞄とかはロッカーに預けないといけませんのでご注意を。

 

博物館見学の後は、プーシーの丘に向かいます。プーシーの丘は世界遺産ルアンパバーン市街を一望できるため、多くの人が訪れます。特に夕日の時には頂上は人でごった返します。

f:id:myinterestsdiary:20161023152228j:plain

少し早めに行って頂上からの景色を楽しみました。

f:id:myinterestsdiary:20161023153818j:plain

オレンジ色の屋根が印象的です。

f:id:myinterestsdiary:20161023154013j:plain

夕日までは時間があったので、頂上で英語の勉強をしている僧侶の人と話したりして過ごしました。彼は独学で英語を勉強しているらしく、観光客に英語を習ってました。ちなみにTripとTravelの違いを聞いてました。

 

f:id:myinterestsdiary:20161023154915j:plain

徐々に日が落ちてきました。少し雲が多いですが、綺麗な夕日です。

f:id:myinterestsdiary:20161023155245j:plain

 

プーシーの丘を降りると、大通り沿いが歩行者天国になりナイトマーケットが開かれていました。

f:id:myinterestsdiary:20161023160153j:plain

f:id:myinterestsdiary:20161023160457j:plain

f:id:myinterestsdiary:20161023160617j:plain

ビエンチャンのナイトマーケットと違い、完全に観光客向けでお土産を探すのにちょうどいいと思います。初日はどんなものを売っているか見て回りました。

 

ナイトマーケットを散策した後は、晩御飯です。

地図の通りに屋台が並びます。

f:id:myinterestsdiary:20161023161537j:plain

f:id:myinterestsdiary:20161023161617j:plain

現地の人もテイクアウトしてます。

f:id:myinterestsdiary:20161023161843j:plain

f:id:myinterestsdiary:20161023161951j:plain

 晩御飯は鶏のぼんじりと豚バラの串を注文しました。味付けはシンプルなんですが、これがビールに合う!特に鶏のぼんじりは病みつきになります。

ご飯を食べた後はナイトマーケットを見ながらホテルに帰りました。

f:id:myinterestsdiary:20161023162558j:plain

 

明日はクアンシーの滝に向かいます。