カメラと旅行と山登り

カメラ、登山など趣味のことについて

ソロキャンプ ABU CAMPFIELD

2022年3月12日、どんでもないキャンプ場がオープンしました。

その名は、ABU CAMPFIELD。

 

山口県阿武郡阿武町というあまり聞き慣れない場所にありますが、従来のキャンプ場にはあまりなかった魅力として、

 

1.道の駅に隣接

2.温泉に隣接

3.24時間シャワー使用可能(無料)

4.常時温水使用可能

5.ウォシュレット付トイレ

 

があります。

 

隣接の道の駅には、サザエ、鮮魚、野菜、お酒を売っており、買い物をしていかなくても食料は調達できますし、さらに日帰り温泉まであります。

日帰り温泉は浴槽が1つとサウナというこじんまりとした設備ですが、疲れはとれますし、夕方は温泉からの夕日が非常に綺麗なので、おすすめです。

A,Dサイトが海に近いフリーサイトで、B,C,サイトが区画サイトとなっています。

今回はAサイトの端に設営しました。全面芝で非常に気持ちいいです。

 

夕食は道の駅で購入したイカとスーパーで購入したお肉。

この後はゆっくり焚き火を堪能して就寝。

 

朝はコーヒーといちご。

 

今回は2泊するので、昼食と観光を兼ねて隣の萩市へ。

昼食は有名な萩心海に行きました。

hagi-shinkai.com

特にイカが有名なので、イカづくし定食を注文。

生簀で泳いでいるイカを捌いた刺身と、イカ焼き、サザエなどがついてます。

鮮度抜群で非常に美味しいので、とてもおすすめです!

 

昼食後は有名な松下村塾を観光。もっと大きいかと思ってましたが、松蔭神社の中にぽつんとありました。

近くには、明倫学舎という幕末から明治にかけての歴史を学ぶことができる施設もありますので、観光前にそこに立ち寄ってからいくことをおすすめします。

 

併設の道の駅で購入した地ビール。道の駅は17時までと営業時間は短いですが、ビールも購入できて便利です。

サーモンの刺身と菜の花のお浸し。

最後は贅沢にウニ飯。

ウニ2箱とかバチが当たりそうですが、至極の一品でした。

 

これ以外にもサザエの壺焼きなどを堪能しましたが、写真を撮り忘れました。

 

海の目の前にある、設備も最高のキャンプ場ですので、ぜひ一度行ってみてください!

 

最強のクーラーボックスYETIの購入方法

キャンプにおいて、クーラーボックスは必需品です。

シーズン、人数、スタイルに応じて、必要となるスペックも異なります。

 

YETIのクーラーボックスは、その保冷能力とデザインが支持され、今やキャンパー憧れと言っても過言ではないでしょう。

f:id:myinterestsdiary:20210912115607j:plain

 

昨今のキャンプブームで、一部のキャンプグッズは入手困難な状況が続いており、このYETIのクーラーボックスもその一つです。

 

今回は、実際に購入した方法を紹介します。

 

YETIの主な購入方法

YETIを日本で購入するには、主に次の3つのやり方かと思います。

  1. 日本正規輸入代理店A&Fで購入

    A&F エイアンドエフ オンラインストア【公式通販サイト】

  2. ヤフオクやメルカリなどのオークションやフリマアプリで購入
  3. Amazonで購入

 

それぞれメリットデメリットがあります。

 

1.日本正規輸入代理店A&F

 

(メリット)

・日本正規輸入代理店から購入するため、品質が管理されてものを購入できる

・修理などアフターサービスを受けられる

 

(デメリット)

・人気高騰により、購入できる時期が不明

・代理店のマージンにより値段が高い

 

2.ヤフオクやメルカリなどのオークションやフリマアプリ

 

(メリット)

・値段が安い

・一定程度出品があり、すぐに購入可能

 

(デメリット)

・中古品のため、気になる人には向かない

・本物かどうか判断できない場合もある

 

3.Amazon

 

(メリット)

・新品を購入できる

・在庫があればすぐに購入できる

 

(デメリット)

・販売元がAmazonではない場合、信用できる販売元か判断が難しい

 

 

間違いないのは、日本正規輸入代理店からの購入なのですが、なにせ人気で、何ヶ月も入荷連絡の登録をしても、一度も連絡は来ませんでした。

 

欲しい時に購入できないのは、かなりストレスですよね。

 

そこで、次は上記以外で購入できる方法を紹介します。

 

YETIのその他の購入方法

 

上記以外の購入方法としては、

  1. YETIのホームページで購入

    YETI Drinkware, Hard Coolers, Soft Coolers, Bags And More

  2. eBayで購入

    Electronics, Cars, Fashion, Collectibles & More | eBay

  3. Amazon.comで購入

    Amazon.com. Spend less. Smile more.

です。

 

上記で購入する前提として、ある程度英語ができることが必要かと思います。

とはいえ、google翻訳などのツールを使えばそんなに難しくないです。

 

それぞれ説明します。

 

1.YETIのホームページ

  結論から言うと、この方法では日本から購入できません。YETIのホームページから購入できるのは、現在アメリカ国内およびカナダとなっています。一部例外で、日本国内の米軍基地への発送も可能となっておりますが、現実的ではないでしょう。

f:id:myinterestsdiary:20210912120456p:plain

 

ちなみにこちらが実際のホームページ。日本では購入困難なTundraも普通に在庫があります。

さらに驚くべきはその値段!27,000円!

ちなみに日本正規代理店で購入すると50,600円!

 

どんだけ代理店でマージン取るんだよって感じですよね。

 

米国内に知り合いがいて、その人に購入してもらって国際便で送ってもらうことができれば、この方法が一番ですが、そんな人ほとんどいないでしょう。

 

 

2.eBay

 

eBayを一言でいうと、グローバルなECサイトでしょうか。

国内および海外の販売店や個人が出品している商品を購入できるサイトで、YETI自体が出品しているわけではなく、YETIから商品を仕入れた小売店が販売しています。

 

一時期はYETIのクーラーも結構出品されていたのですが、ここ最近はあまり出品されていないようです。

また、小売店の評価を確認したうえで購入する必要があり、初めての人には少しハードルが高い方法です。

f:id:myinterestsdiary:20210912122201p:plain

 

最近は日本語に対応しているようで、少しハードルは下がったでしょうか。

 

 

3.Amazon.com

 

こちらは、今回私が実際に購入した方法になります。

 

主な購入方法で説明した、Amazonで購入と何が違うのと思った人もいるでしょう。

Amazonは主要国にそれぞれ会社があり、国ごとにホームページがあります。

 

主な購入方法で説明したAmazonというのは、Amazon.jpつまり日本のAmazonのサイトから購入することを意味しており、ここでのAmazon.comで購入というのは、米国のAmazonのサイトから購入することを意味しています。

 

実は、YETIはAmazon.com内に、ページを持っています。

Amazon.com: YETI

 

ここから、欲しい商品を購入すれば、正規品を購入することができます。

例えば、ハードークーラーのTundraだとこんな感じ。

f:id:myinterestsdiary:20210912123305p:plain

 

f:id:myinterestsdiary:20210912123717p:plain

 

私が購入したTundra35だと全9カラーあり、日本国内で取扱いがない色も購入可能です。

しかも値段は、YETIの正規と同じ。ただ日本国内へは送料がかかります。

私の場合、結局合計40,000円程度でした。

 

それでも、正規品を国内価格より1万円安く購入できるのは、とても魅力的だと思います。

 

1つデメリットは、船便で到着まで1ヶ月程度時間がかかることです。

 

それさえ許容できれば、今まで紹介した購入方法で一番お勧めかと思います。

 

まとめ

 

YETIの購入はAmazon.comがおすすめ

 

(理由)

・正規品を正規価格で購入可能

・在庫も豊富

 

(デメリット)

・購入から到着まで1ヶ月程度必要

 

 

これ以外にも購入方法はあるかと思いますので、自分に合った購入方法を探してみてください。

 

仁淀ブルースポット 安居渓谷

「仁淀ブルー」

それは愛媛県高知県を流れる、水質全国一位の一級河川仁淀川が織りなす青く美しい水面のことです。

 

全国各地に水が綺麗な場所はありますが、仁淀川はその中でも特に水質が良く、川沿いにはキャンプ場もあり、特に夏は混雑します。

 

それにもかかわらず、7月の4連休に仁淀ブルーを観に行ってきました。

続きを読む

ソロキャンプ 菰沢公園オートキャンプ場

広島に転勤してから、早4ヶ月が経過しました。神奈川にいる時には、ふもとっぱらや芦ノ湖をホームキャンプ場としていましたが、こちらではホームキャンプ場が見つかっていませんでした。

 

今回、ついにホームキャンプ場が見つかりました。

島根県江津市にある菰沢(こもさわ)オートキャンプ場です。

 

続きを読む